孤立

サイト内検索

文字サイズ

ぽんたくんのまちづくり日記

東村山社協のツイッター 東村山社協のFacebook
  • TOP
  • 認知症高齢者

認知症高齢者

「認知症高齢者」とは?

認知症は、脳の病気や障がいなどの原因によって、記憶や理解力・判断力が低下し生活に支障が出てくる状態をいいます。認知症のうち最も多いのが「アルツハイマー型認知症」で、一般的にゆっくりと進行するタイプの認知症です。次に多いのが「血管性認知症」で、障がいされた脳の部位によって症状が大きく異なり、「まだら認知症」と呼ばれたりもします。「レビー小体型認知症」は、現実には見えないものが見える幻視、手足の震え、歩行が小刻みになるなどといった特徴があります。この3つのタイプの認知症で全体の約9割を占めています。

「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」 「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」

「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」

増え続ける認知症高齢者

日本における認知症の有病率調査の研究によると、令和2(2020)年の認知症患者は602~631万人(有病率17.2%~18.0%)と推計されています。認知症の有病率も年々上昇すると考えられており、令和42(2060)年には認知症の患者数が850~1,154万人(有病率25.3%~34.3%)にまで増加し、65歳以上の方の3~4人に1人が認知症になると推計されています。

「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」 「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」

「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」

認知症がもたらす社会課題

  • 悪質商法の被害

    散歩や買い物に出かけたものの、途中で自分がどこにいるか分からなくなってしまったり、道に迷って帰れなくなったりすることがあります。誰かが気付いて声をかけてくれたとしても、自分の名前や住所が言えないと、自宅へ送り届けてもらうことも難しくなります。最悪なケースでは、線路内に迷い込んでしまい電車にひかれて亡くなってしまった例もあります。

  • 悪質商法の被害

    散歩や買い物に出かけたものの、途中で自分がどこにいるか分からなくなってしまったり、道に迷って帰れなくなったりすることがあります。誰かが気付いて声をかけてくれたとしても、自分の名前や住所が言えないと、自宅へ送り届けてもらうことも難しくなります。最悪なケースでは、線路内に迷い込んでしまい電車にひかれて亡くなってしまった例もあります。

  • 様々な手続きや契約、
    車の運転などができなくなる

    散歩や買い物に出かけたものの、途中で自分がどこにいるか分からなくなってしまったり、道に迷って帰れなくなったりすることがあります。誰かが気付いて声をかけてくれたとしても、自分の名前や住所が言えないと、自宅へ送り届けてもらうことも難しくなります。最悪なケースでは、線路内に迷い込んでしまい電車にひかれて亡くなってしまった例もあります。

  • 介護者のストレスや
    疲労感の増加、虐待

    散歩や買い物に出かけたものの、途中で自分がどこにいるか分からなくなってしまったり、道に迷って帰れなくなったりすることがあります。誰かが気付いて声をかけてくれたとしても、自分の名前や住所が言えないと、自宅へ送り届けてもらうことも難しくなります。最悪なケースでは、線路内に迷い込んでしまい電車にひかれて亡くなってしまった例もあります。

  • 支援やサービスを拒否する、
    孤立死の恐れ

    散歩や買い物に出かけたものの、途中で自分がどこにいるか分からなくなってしまったり、道に迷って帰れなくなったりすることがあります。誰かが気付いて声をかけてくれたとしても、自分の名前や住所が言えないと、自宅へ送り届けてもらうことも難しくなります。最悪なケースでは、線路内に迷い込んでしまい電車にひかれて亡くなってしまった例もあります。

東村山市における認知症高齢者の現状

東村山市の人口推計を元に、前出の調査で示された有病率をあてはめて認知症高齢者の人数を推計すると、下位の推計値でも2040年には1万人を超えると予想されます。また、2050年から2060年にかけて65歳以上人口は減少に転じていますが、有病率が上昇するため認知症高齢者の人数は増加するという推計になっています。

H31.3.28 東村山市総合計画審議会資料より抜粋H31.3.28 東村山市総合計画審議会資料より抜粋

東村山市地域福祉計画基礎調査より(平成29年3月)

社会的孤立の実態

日頃のストレスからの
一つの行動で自己嫌悪に…
日頃のストレスからの一つの行動で自己嫌悪に

働き者で明るい性格のトモ子さん(84歳、仮名)は、夫が亡くなり一人暮らしになった後も、近所の人を自宅に呼んで定期的にお茶会を開くなど、充実した生活を楽しんでいました。ところが3年ぐらい前から物忘れが目立つようになり、心配した子ども達が代わる代わる同居を勧めたのですが、生まれ育った土地を離れたくないと言って応じませんでした。昨年になって、火の不始末からボヤ騒ぎを起こしたことをきっかけに、ようやく次女と二人で暮らすことに同意し、市内に引っ越してきました。
ところが、次女と同居してから物忘れが急に進行し、病院で検査をしたところアルツハイマー型の認知症だと診断されましたが、自分が病気だという認識はありません。トモ子さんは、自分のお金を管理して自由にさせてくれない次女のことを、毎日罵るようになってしまいました。次女のほうは、トモ子さんが夜中でも外へ出て行こうとすることがあるのでいつも注意していなければならず、寝不足で仕事を続けられなくなりました。こんなに苦労しているのに文句ばかり言われてイライラが募ってしまい、先日とうとうトモ子さんに手をあげてしまいました。
次女の心は自己嫌悪でいっぱいになり、これからどうしたら良いのか分からなくなってしまった時に、友人から地域包括支援センターのことを教えてもらい、さっそく相談してみました。センターの職員は、介護保険の手続を代行すると同時に、デイサービスを紹介してくれました。もともと人付き合いが好きなトモ子さんは、楽しくデイサービスに通い、夜もぐっすり寝られるようになりました。次女も体が少し楽になり、センターの職員に悩みを相談できるようになったことで、少しずつ介護を続ける自信がついてきました。

財産管理ができず
行く先がなくなる…
財産管理ができず行く先がなくなる…

市内で一人暮らしをしている正一さん(78歳、仮名)は結婚したことがなく、親戚といえば離れた場所に住む兄弟がいるらしいのですが、わけがあって50年以上も音信不通だそうです。定年まで大きな企業で勤めてきたので、十分な年金がもらえています。退職後は親しい友人と釣りや歌舞伎見物にたびたび出かけるなど、趣味を楽しみながら老後を過ごしていました。
そんな悠々自適な生活を送っていた正一さんですが、5年前にパーキンソン病を発症し、2年ぐらい前からは認知症の症状も見られるようになってきました。ケアマネジャーはそろそろ一人暮らしは限界が近いと考え、有料老人ホームへの入居を勧めました。正一さんもその気になって、いくつかの有料老人ホームを見学したりしていましたが、ある朝自宅で転倒しているのをヘルパーが発見し、救急車で病院へ運ばれてしまいました。
正一さんは一人では車いすに乗り移ることもできなくなり、認知症の症状も急速に進行して現在では意思の疎通も困難な状態です。病院での治療が終わったら、どこかの老人ホームへ入所する必要がありますが、今の状態では医療費を支払うことも、老人ホームと契約することもできず、ケアマネジャーは途方に暮れてしまいました。
ケアマネジャーからの連絡を受けた成年後見制度推進機関の職員は、市役所の職員と連携して、正一さんの自宅にあった現金や通帳などを緊急事務管理として保管すると同時に、正一さんの兄弟を探して連絡をとってみましたが、誰も関わってくれる人はいませんでした。推進機関の職員は、これからケアマネジャーと市役所の職員に加え、弁護士や病院のケースワーカー、老人ホームの相談員などと連携しながら、後見人の選任や退院後の施設入所に向けて息の長い支援を始めることになります。

東村山市社協が目指す課題解決のかたち

認知症によって引き起こされる困りごとの減少

課題解決のための私たちの取り組み

東村山市社会福祉協議会は、①認知症を予防する、②認知症の方を地域で見守り支える、③認知症を早く発見して早く相談やサービスにつなげる、④認知症によって引き起こされる権利の侵害を防止する、といった活動に取り組むことで、認知症によって引き起こされる困りごとを減少させていきます。

認知症を予防する

  • ふれあい・いきいきサロン

    ふれあい・いきいきサロンとは、歩いて行ける距離で、お茶を飲みながらのおしゃべり、健康づくりや生きがい活動、子育てや介護に関する情報交換などを行う仲間づくりの場です。サロン活動を通じて住民同士のつながりをつくり、孤立や閉じこもりを防止する効果もあります。市内では「家族介護者のつどい」も定期的に開催されています。サロンは地域の人たちが主体となって開催し、社協は開催に係る費用を助成したり、サロン立ち上げや運営面での相談に応じています。

認知症の方を地域で見守り支える

  • ふれあい事業

    一人暮らし高齢者を対象に、週3回乳酸菌飲料をお届けして安否確認を行う「ふれあい訪問事業」、週に1回電話で話し相手になる「ふれあい電話訪問事業」を行っています。いずれも社協が独自に行う「制度の狭間を埋めるサービス」で、会費や寄付金を財源として実施しています。

認知症を早く発見して早く相談やサービスにつなげる

  • 中部地域包括支援センター

    高齢者の生活に関するあらゆる問題に関して、保健・医療・福祉の資格を持つ専門の職員が相談に応じています。また、認知症の方を地域で支えることを目的として、「認知症サポーター養成講座」を開催しています。

認知症によって引き起こされる権利の侵害を防止する

  • 福祉サービス総合支援事業

    認知症や知的障がい、精神障がいなどによって判断能力が不十分な方を対象に、生活や財産に関する権利擁護相談を行っています。また、必要に応じて法律相談や福祉サービスの利用支援、金銭管理サービス、書類等預かりサービスをご利用いただくことができます。
  • 成年後見制度推進事業

    認知症などで判断能力が不十分になった場合に、本人に代わって財産を保護し、日常生活を送る上で必要な契約等を行うことで、本人の権利を守るのが成年後見制度です。社協では、成年後見制度の普及啓発、成年後見制度に関する相談、成年後見人等候補者の紹介、市長申立の支援、成年後見人の支援、市民後見人の養成などを行っています。

PAGETOP